熟年離婚に必要な生命保険の知識

熟年離婚の財産分割の際に、気をつけたいのが生命保険の扱いです。生命保険も長い期間契約し、保険料を払っている場合には資産として扱われるので忘れないようにしましょう。生命保険は複雑で、加入している保険の内容を理解していない人も多いようです。

一度保険証書をよく確認して、現在加入している保険が財産と認められるのかチェックしてみましょう。生命保険にもいくつかの種類があります。保険料が掛け捨てのタイプの生命保険は財資産とはみなされず、熟年離婚の際の財産分割にもカウントされません。

また、満期に至っていない生命保険に関しては、熟年離婚をする時点での解約返戻金を試算してもらい、その額を財産として考慮します。

これは、試算を計算する上の話しなので、必ずしも生命保険自体を解約する必要はありません。また、一番大事なのは保険の受取人名義を確認して、必要であれば変更することです。

一般に生命保険の受取人は夫または妻となっていることが多いので、熟年離婚する人のほとんどは受取人の名義を飼えることになります。滞りなく保険会社に変更の申請をしましょう。受取人を子どもや親戚に変更する人が多いようです。

熟年離婚となると共有の財産も多いので、円滑に協議を進めるには十分な知識が必要となります。保険に関しても知識を備えておいたほうがよいでしょう。

熟年離婚ではお金のことは要検討事項となります。夫の退職金、税金、生命保険、財産分与、慰謝料など熟年での離婚でもお金に関するトラブルは多くなります。離婚を考えている場合はお金の問題はきちんと解決しましょう。 熟年離婚での生命保険は財産分与の際の注意したい点です。生命保険は資産扱いされる場合もありますので受取人名義もきちんと確認しましょう。 このサイトでは熟年離婚は近年多くなっています。熟年離婚の原因・理由・離婚手続き・年金問題など気になることは知っておいたほうがいいでしょう。

◎離婚で悩んだら・・・
相談無料24時間受付中 原一探偵
原一探偵事務所 パートナーの浮気や素行調査なら調査実績38年、確実な調査力の原一探偵事務所。追加料金も一切無く安心して依頼できます。全国主要都市にも事務所があり何かと便利です。


離婚大全集 【岡野あつこ】
岡野あつこ 夫婦問題研究家・離婚カウウンセラーのスペシャリスト「岡野あつこ」さん による離婚大全集〜圧倒的有利に離婚する方法。 この一冊を読めば、適切な対応がわかります。


『熟年離婚と生命保険』と関連の記事

熟年離婚と税金
熟年離婚と財産分与
熟年離婚と夫の退職
熟年離婚と慰謝料

| 熟年離婚のお金 |